キャッシングは担保も保証人も必要のない融資のサービスで、手軽に借りることができることから、つい使いすぎてしまう人も多いようです。複数の金融機関から借り入れをする人も多いようですが、複数から借り入れをしたときには、当たり前のことですが複数に返済をすることが必要です。この手続きが面倒くさいと考える人も多いでしょう。

おまとめローンは、現在の借り入れを一つの金融機関にまとめることのできる融資のサービスです。おまとめローンによって一つの融資にまとめることができれば、返済窓口も一つの金融機関となります。毎月複数の金融機関に返済をしに行かなければならないという面倒なことはしなくてよくなります。このようなメリットがあるために、利用する人は多いと考えられます。

おまとめローンは保証人なしで減らせる借金だと考えられているようですが、必ずしも減らせる借金にはならないという点に注意しておかなければなりません。これはケースごとに異なり、最終的に支払う利息が大きくなることもあるのです。ですから、シミュレーションをすることによって有利になるのかどうかを把握することは必要です。有利になると思っていたとしても不利になってしまうこともあるのです。

では、どのようにして見分ければよいのでしょうか。色々な条件がありますから、シミュレーションをきちんと行うのがよいのですが、いくつかのケースでは必ず有利になります。その一つは、月々の返済金額を減らすことなく金利を下げられる場合です。おまとめローンを利用するためには新たに契約をしなければなりませんが、このときには新たに金利が設定されます。過去に比べると金利が低くなり、そして月々の返済金額が変わらなければ、支払う利息の金額を確実に減らすことができるでしょう。

おまとめローンを利用する目的は様々なのですが、その一つの目的として月々の返済金額を安くしたいという人もいます。これができるのがおまとめローンのメリットだと言われることもあります。しかし、これは諸刃の剣で、必ずしも有利にはならないという点に注意しておきましょう。

借り入れている金額が同じで、月々の返済金額を小さくすれば、当たり前のことですが返済期間は長くなります。利息の金額は借り入れている期間に比例して決まるのですから、返済期間が長くなれば支払う利息の金額が大きくなると言う点に注意しておかなければなりません。この場合であっても、金利が低くなれば支払う利息の総額が安くなることもありますが、金利があまり低くならないのであれば支払う利息の総額は高くなることが多いです。

おまとめローンを利用して月々の返済金額を小さくすれば、返済期間は長くなると言うことについて把握しておかなければなりません。より多く無駄な利息を支払わなければならなくなることもあるのですから、このような状況が有利であるとは言えないでしょう。ですから、おまとめローンを利用するべきかどうかは、少し慎重に考える必要があるのです。

このページの先頭へ